メンヘラネタ 学校問題 学生時代の思い出(中学の苦登校ネタ多し) 精神疾患

1番心が病んでいる時のカウンセリング〜専門学校2年生〜

  1. HOME >
  2. メンヘラネタ >

1番心が病んでいる時のカウンセリング〜専門学校2年生〜

今から1番心が病んんでいた時のカウンセングを紹介します。

ちなみに専門学校2年生の6月に東京都内の飯田橋の精神科で臨床心理士さん相手に話してきました。

今は神奈川県の精神科に通っていますからもう飯田橋の精神科には行かないで!!別の精神科に通っています〜

 

こんな方におすすめ

  • 私の1番精神が病んでいた時期のカウンセリングを知りたい方。
  • 私が如何にして障害者雇用での就活を決意したか知りたい方

それではご覧ください、

 

 

1番心が病んでいた時のカウンセリング・・・。

 

2012年6月某日、私は東京都内の精神科で発達障害(ADHD、LD、アスペルガー症候群)についての説明を受けていた。

私「発達障害についての説明をしてくださるのは有り難いのですが、2012年5月に帰省した時に完全自殺マニュアルを購入したのを親にガラケーのメール送信履歴見られて見つかってしまったんですよ・・・。」

臨床心理士・以下心と記述する「ほうほう。」

私完全自殺マニュアルを購入したのがバレた時、親には「でも・・・これでユイトが通常雇用で就職して変なのにターゲットにされて自殺したら本当に取り返しがつかないから障害者雇用で就職してもらった方が良いぞ。」と父親に言われたり「自殺しても地獄に落ちるだけだからな!!」等「もう自殺なんて絶対考えないでね!!」だの色々言われましたよ。」

私「親に完全自殺マニュアルを購入したのをきっかけに、精神障害者枠一本で就活することを決意しました。通常雇用では就活しません!!(断言)」

心「うん・・・。」

私「でも、次中学時代のいじめ加害者のF田やO高や例のM子(勿論三人共全員仮名です)の様な人間にターゲットにされたり、中学1年2学期の総合学習の班分け事件みたいな事が起こったら、怖いけど、死を選びます。」

心「そうなったら、又此処で相談すれば良い。」

私「でも、死を選びます。」

心「そうなったら、又此処で相談すれば良い。」

私「でも、死を選びます。」

心「そうなったら、又此処で相談すれば良い。」

私「でも、死を選びます。」

心「そうなったら、又此処で相談すれば良い。」

 

・・・・おんなじ様なやり取りを一時間近く繰り返す。

私「次死ぬ時はオーバードーズで死にます。もう自殺する時用の薬も買ってありますので。」

心「わかりました。」

 

そうしてカウンセリングは打ち切りになりました。

同じ会話をかれこれ一時間近く繰り返しているのがもう・・・。

 

怖いけど、死を選ぶ。

完全自殺マニュアル、2012年のお正月に購入したのですよ。又中学時代と同じ様なことがあったら本当に自殺しようと検討してまして、それで購入したのです。

中学高校と自殺一歩手前で何時自殺するか分からない状態でしたからねえ。仕方ないですね。

あの頃は本気の本気で自殺考えていましたし、専門学校でもイジメに遭ったらどうしよう・・・って本気で誰にも相談できずに困っていましたから。

でも完全自殺マニュアルを購入したことでこれでいつでも生に対して耐えきれぬ事が起こった時に自殺できると私にとっての安定剤になっております。
完全自殺マニュアルを購入するのと同時に、ぼくたちの「完全自殺マニュアル」 (完全自殺マニュアル・読者からの感想文まとめ本)と雨宮処凛さんの自殺のコストという本も並行して読むことを勧めます。

本気の本気で次いじめにあったらどうしよう・・・と考えていたり、専門学校でもいじめに遭ったらどうしようと考えてましたからね。あとは社会に出ていじめに遭って死んじゃったらどうしようかなって・・・。
本当に専門学校でもイジメにあって一年の二学期から行けるかどうか分かりませんでしたけど。

「怖いけど。死を選ぶ。」こんなこと言っちゃう限り、学校に微塵も向いてなかったし学校は自分にとって鬼門でありトラウマ製造機そのものなんだなあ・・・と。

 

専門学校二年生になったら学校で毎日の様にストレスと不安で倒れて学校の保健室のベッドで寝込んでいたしね。学校に行くと頭が鉛の様に重くなってどうしても倒れちゃう的な・・・。

学校はどう足掻いても私にとってうまく行かない場所です。

本当に精神疾患なる位には上手くいきません。

 

専門学校二年生になったら不安と抑うつで毎日学校で倒れていたしね・・・。
やっぱり、学校は向いてなかった。少なくとも私には無理だった。本当に精神障害者になっちまうくらいには・・・。
精神障害者雇用でも働いていた方が幾分かマシです。
もう二度と学校と関わりたくないレベル。特に中学校・・・。

 

最後に

 

学校の世界と社会の世界は違います。

私は学校これでもかというほど向いていなかった〜

毎日『いじめられたらどうしよう・・・』だの『次中学校のいじめと全く同じことが起こったら本当に死ぬ!!オーバードーズで死ぬ!!』って心に決めてましたもん。

専門学校一年生の夏休み、就職活動のプレゼンの授業で大失敗して鬱状態が悪化し、オーバードーズで死ぬ用の薬買ったり100均一で自傷行為用の貝印の剃刀(よく深く切れる!!)を無意識に何本も買ってたりしましたもん。あとは西葛西駅のホームを飛び込み自殺の下見にグルグル回っていましたし。

 

自分の場合親と進路のことで話し合って『高校卒業したら直接グラフィックデザインの専門学校に行くか!?』という話でしたが、高校卒業後直に東京都のグラフィックデザインの専門学校に進学していたら多分人間関係で学校行かなくなって自殺しているか、天災(東日本大震災)に巻き込まれて本当に帰らぬ人になってそうです。高校卒業後に都内の専門学校進学していたら人生精神疾患で詰んで終わっています。

 

不安障害で進学も通学ももうままならないという・・・。だって学校怖すぎるんだもん。

中学校から毎日『もう学校行く気ないしいじめられたらどうしよう・・・』とか考えてましたね。

ちなみに余りに不安すぎるから群馬県内の短大を経て都内の専門学校に通い生ました。

多分高校から直に都内の専門学校に入学しても多分自分の場合、学校生活でうつになって本当に死にかけて閉鎖病棟に年単位で入院して入院費220万円取られて終わっているのではないかと思います。本気で「専門学校進学しても虐めれれたらどうしよう・・・」「次中学校みたいないじめに遭ったら本当に死ぬ!!」って考えてましたからね。

ちなみに高校の入学式の日に親と揉めて高校の修学旅行が終わったら致死量に達するほどの自傷行為をしよう!!と決意しました。もうこの状態で進学しても・・・多分専門学校で虐められて文字通り死んでいる未来しか見えてこなかったので。
高校卒業後の進路希望は、オーバードーズor自殺or閉鎖病棟行き希望が本音でした。
もう二度と学校に振り回されたくないので。おほほ

もう、学校に二度と行かなくて良いから気楽なモンです。

学校は自分にとってトラウマだらけだわ鬼門だわ必要ないわだからもう二度と行きません。

 

こんなに自殺一歩手前になる程心が病んでいるのなら精神障害者雇用で就活するのがベストなんです。

私は貴重な新卒カードを精神障害者枠で使った人間ですから。

私は学校に行くと心が病む人間ですから〜条件反射的な意味で。
でもこれで通常雇用だったら自分の場合、リアルにブラック会社や変な上司にターゲッティングされて、社会復帰できなくなって終わっているかも〜ひい、はあ。

 

そういえば・・・(完全自殺マニュアル読んだ時の感想)

そういえば、この時の2013年のカウンセリングで臨床心理士さんに完全自殺マニュアルを読んだ時の感想を聞かれたのですが、

電車飛び込みと焼身自殺だけはやめておこうと思いました。

電車飛び込みは他の人に迷惑がかかる(特に朝)し、焼身自殺は亡くなる瀬戸際まで意識が残ると書いてあったからです。

 

・この事を書いて思うのだが・・・。

 

この事を書いていて思うのですが、何故かこういう嫌な予感って母親が勘付き易いのですよね。

対して父親は鈍感というか。

私の知り合いの話なのですが、母親に自分が運営しているメンヘラブログが見つかって自殺未遂した人もいるし、母親に援助交際が見つかって長期間家出したり、同じく母親に中学生で援助交際(!)していた事がバレて警察に通報された子が居ます。

母親の方が勘付き易いナニかがあるのでしょう。夢の中に娘が苦しんでいる様子が浮かんできたりとか。

 

そんじゃーね!!

-メンヘラネタ, 学校問題, 学生時代の思い出(中学の苦登校ネタ多し), 精神疾患
-, , ,

© 2022 新・ワクワク精神障害者日記 Powered by AFFINGER5